診療内容

●一般歯科

◆こんな症状があったら虫歯の前兆◆
歯の表面の溝が黒くなる、欠けたり、穴があく 
水や甘いものがしみる 
時々痛む 
舌でさわると引っかかった感じがする 
食べ物が同じ場所にひっかかる

»詳しくはこちらから
http://www.forest-shika.com/cate01.html

 

●インプラント

◆第二の永久歯=インプラント◆ 
インプラント治療とは、失われた歯根の部分(顎の骨)に人工(チタン製)の歯根を埋め込んで、それを土台に人工の歯を装着する治療法です。

»詳しくはこちらから
http://www.forest-shika.com/cate02.html

 

●歯周病治療

◆こんな症状があったら・・・◆ 
口臭が気になる 
歯肉から血や膿が出る 
歯肉が腫れる 
歯がグラグラする 
歯茎が下って歯の根元が見える

»詳しくはこちらから
http://www.forest-shika.com/cate0310.html

 

●審美歯科

審美歯科とは、白く美しい歯にするホワイトニング、セラミックを使用して被せ物や詰め物を白い歯にする治療、歯並びを美しくする矯正歯科、失ってしまった歯を自然に修復するインプラントなど、見た目も気にした治療の総称を審美歯科と言いますが、それは手法で審美歯科の本質とは異なります。

歯肉が歯周病などで赤く腫れているようでは、どんなに高価できれいな歯が入っても「審美的」とはいえません。 審美歯科とは、あくまで健康な口腔の上に成り立つものと考えております。

審美歯科は、美しさと自然な口元に焦点を当てた、総合的な歯科治療です。

歯には機能(おいしくしく食べられる)と、審美(きれいな歯並び、美 しい歯)がありますが、その両方に焦点を当てて、患者さんの希望を取り入れた歯並びと色をその人の顔にマッチさせた口元の健康と健康美を求めていこうというのが、私たちの考える審美歯科治療です。

»詳しくはこちらから
http://www.forest-shika.com/cate04.html


●予防歯科

予防歯科とは、一生自分の歯で噛み、健康で快適な生活を送るための根本的医療の入り口です。

医療とは、病気になってから治療をするだけではありません。定期的にお口の状態をチェックすることは早期に病気を発見し、お口の健康を守り増進するための積極的な医療であり、病気を根本から治す最も効果的な方法です。

歯は一度病気にかかってしまうと決して元通りには治せません。
また、病気になってしまったばかりに歯を失ってしまうこともあります。一般の方が気付かない心身の健康も含めた大切なもの(歯を失うことで見た目を気にしたり、噛み合わせが悪くなることによる身体的影響)まで失ってしまい、ひどく後悔することが多いものです。それを思うと、今のお口の健康を守りとおすことは、非常に高い価値があります。まずは、お口の健康を正しく診察してみましょう。

»詳しくはこちらから
http://www.forest-shika.com/cate05.html